忍者ブログ
since 2007.01.01 /
2017.04.29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



マリオ、ドラクエ、ファミスタ…。
ファミコン世代にとってはゲームを語る上で欠かすことの出来ないこの3シリーズ。
20年経ってもまだ新作がでるとは、ほんと嬉しい限りです。(T_T)

今回のドリームペナント機能。
子供の頃、友達通しでチームを決めノートに130試合分(当時は違ったかな?)の対戦表を書き対決したことを思い出しました。
司くん(実名)の3塁線ギリギリを狙うバッティングには何度もやられたものです。(*_*)
飲物を飲みながら画面の枠から外れている3塁ランナーをホームにこっそり走らせるのがウマかったのは誠くん(実名)。
“駆け引き”の面白さを覚えたのもあの頃だったような気がします。

最近はかなりリアルな野球ゲームとかもあるようですが、やはり自分はファミスタ派。
このシンプルさ、素朴さに惹かれます。
賛否両論あるかと思いますが、この感じのままシリーズが続くことを期待しています。

なお、発売日からちょっと経ってから写真付きの記事を書いていることに対する余計な詮索はご遠慮下さい。( ̄ー ̄)
PR
2007.11.20


ワンセグで何を放送してるかも良く知らないまま、勢いで買っちゃった。

使ってみた感想は…ただのちっちゃいテレビ…。
でも、まぁ良く頑張ってるほうだと思います。(^^)

DSブラウザー同様、自己満足度は高いんです。
ゲーム機でネットもテレビも見れちゃうなんてスゴイ!

大切にしまっておきます…。( ̄ー ̄)

RIMG1796.JPG

今の世の中、こんなすごいモノが出回ってる…らしいです。

ファイルを入れて差し込むだけで、DSで音楽も動画も見れちゃう…らしいです。

さらに、自分でゲームをつくったりなんかもできちゃう…らしいです。

他にも色々なことができちゃう…らしいです。

※ 写真はイメージ映像です。



一抹の不安を抱きながらもキュービストとして予約せずにはいられなかった「頭の回転のトレーニング ルービックキューブ&超有名パズルたち」が届きました。

実物のキューブを回すときのような手の感覚を楽しむことは、やはりタッチペンでは無理なようです。(^_^;)
FSCみたいな技もないし…。
あっ、でもこれはスピードキューブとして考えるからなのか?
純粋なパズルとしてなら楽しさは同じなはず。
同じならわざわざDSでやらなくても…。

もちろん手順を確認したり、6×6×6ができる付加価値はありますよ。
本業(実物のキューブ)がおろそかにならない程度に遊びましょう。(^_^;)


ようやくドラクエⅡクリア。何日かかってんだ…

先を急いでⅢ開始。
現役の頃(小学生かな?)サブタイトル「そして伝説へ…」の意味が最後にわかって、子供ながらに鳥肌が立つほど感動したもんです。
ファミコン世代のオジさんには、この3部作がRPGの最高傑作としてココロに刻まれています。

さっそくルイーダの酒場で仲間探し。
前3人は子供たちにまかせて、自分は最後尾で参加。
32歳にして憧れの職業に就くことができました。
もちろん「あそびにん」です。ムフフ…( ̄ー ̄)
Copyright © ■■■ボウズノココロ■■■ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]